めちゃさわれる動物園

滋賀の変わった動物園に行ってきました。

 

場所は琵琶湖大橋の近くにあるピエリ守山。

 

ショッピングモールの中にあります。

動物園というか、入り口はペットショップの感じです。

コンセプトは

    『めちゃさわれる動物園』

 

狭い園内に動物がきしめきあっています。

めちゃさわれるので普通の動物園に飽きた方は是非。

 

DSC_0388

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0394

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

基本鳥が多かったかな・・・

こんな動物も↓↓↓↓

 

DSC_0387

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さわっていいものか??

こうもりって意外とかわいい顔してますよね!

ちなみに、ライオンもいてました。

(ライオンはさすがに檻の中)

 

 

話題の、厚盛サンドイッチ!

 

北浜の人気のお店に行ってきました。

ランチタイムはすごい行列らしく、早めに到着。

すでにすごい行列ができてました。

 

人気の理由は、野菜たっぷりのランチプレートに厚盛サンド。

 

『厚盛サンド』今流行ってるらしいです。

すごいボリュームなのですが、なぜかヘルシーだと錯覚させられる、

素敵なサンドイッチでした~☆

 

サンドイッチ

 

 

日光浴とチョコレート

 

 

週末の朝、

育てている多肉植物をベランダの窓際で

日光浴させるのが習慣です。

 

ある日、植物と一緒に猫も日光浴。

 

なんとも気持ちよさそう・・・・

 

 

DSC_0004

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やっぱり猫が好き。

 

 

そんな私の今年のバレンタイン。

DSC_0010

 

 

 

 

 

 

まだまだ猫の経済効果は高そうです。

 

 

 

◆◇謹賀新年◇◆

tori

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あけましておめでとうございます。

2017年のスタートです。

お正月はおせちにおもちにいっぱい食べましたか???

今年の干支は「酉」

鳥は人に時を報せる動物です。

また、とりは「とりこむ」と言われ、商売などでは縁起の良い干支だそうです。

今年はいっぱい良い運気をとりこんでください~。

 

ちなみに、酉年生まれの人はよく『バタバタ貧乏』と言われますが、

『親切で世話好き』らしいです。

 

今年もよろしくお願いいたします。

 

 

意外な・・・

『美味しいから食べてみて!』

と、キウイをいただきました。

 

キウイを切ってみると、

想像と違う・・・

『あれ?緑じゃない!』

赤いキウイでした~。

これ、味も普通のキウイよりすごく甘くておいしかったです。

レッドキウイというそうです。

 

レッドキウイ

 

 

 

意外な組み合わせといえば、

フルーツ&生ハム。

大好きです~。

塩分と甘みの融合。ワインと一緒に食べたらこれまた最高~!

 

namaham

 

 

 

進化の速さ。

ボタン式・折りたたみの携帯電話(通称ガラケー)の時代が終わりを迎えるらしい。

スマホの復旧がすすみ、電話するには最適な形であろうガラケーも販売が縮小されるらしいです。

私も5代スマホを持ってきたが、初期のスマホと比べるとかなりの進化をしています。

スマホの進化は速いです。

スマホの進化はアプリにあるといえるので、生活に便利なアプリからゲームアプリ、写真アプリetc・・・

たくさんのアプリが増えました。

少し前にはまったアプリ。

『SNOW』

写真の合成アプリなのですが、

ただ、写真を撮るだけでなかなか高度な合成をしてくれます。

 

ひげを生やして目元も濃いめで男になってみたり、、(少し男前風)

snow7

 

ヒョウ人間、

snow6

 

フォークバンド結成したり、

snow5

 

HIP HOPも歌えます。

sonw1

 

志村けん?にもなれちゃいます。

snow3

 

ただ写真を撮るだけでかなり、合成の精度も高い。

そんなアプリです。

お酒飲みながらこのアプリで遊んでると、笑いが止まりません(要注意!)

 

アイドルのSNOWの使い方。

200x200

たいていのアイドルはかわいく使います。

AKBのNo1のSNOWの撮り方。

かわいい・・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オリンピックよりすごい経済効果

猫の経済効果が東京オリンピック並みにあるというニュースを見ました。

猫派の私にとったら、嬉しいことです。

自由気ままに生きている猫を見ていると幸せになります。

我が家の猫も自由に生きております。

 

 

家に帰ると、こんな所でくつろいでたり、

DSC_0140

 

 

 

 

 

 

 

ZOZOTOWNの段ボールで家を作ったり、

DSC_0097

 

 

 

 

 

 

 

 

振り向くと、こんなポーズで見てたり。

DSC_0060

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とにかく、オリンピック以上の癒し効果を家でもたらしております。

東京オリンピックと共に応援し続けていきたいと思います。

頑張れ!ニッポン!

頑張れ!猫!

ネコ1

 

 

 

 

 

 

 

猫の散歩

私の地元に有名な猫がいます。

いつも、飼い主と散歩しています。

猫が散歩!?と、思いますが。

 

散歩風景がこちら↓

neko2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いつもご主人様の肩の上に乗って散歩しております。

 

名前はみーこちゃんです。

DSC_0033

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おしゃれな帽子をかぶってちょこんと座っています。

こんなにおとなしい猫も珍しい。

なにこれ珍百景や、人間国宝などのテレビにも出演したことのある、

有名猫ちゃん。

 

私は町で見かけると、明日いいことありそうな気分にさせてくれる、猫です。

 

パンチの効いてるコワモテな飼い主が写真では気になりますが。

気さくな優しい方なので、安心してください!

 

 

うるう年

 

今年はうるう年の年です。

4年に一度の2月29日。

278x289ximg_5657610338a34_png_pagespeed_ic_ga40BFrPL-

 

 

ふと、うるう年に関して疑問が浮かびあがりました。

①うるう年って名前の由来は何なのか??

②うるう年ってそもそもいるのか??

③うるう年の+1日は2月でないといけないのか??

 

私の簡単な疑問はネット調べるとすぐ解決されました。

 

解答

①うるう年=閏年

平年よりも月の日の数が多い、もしくは1日の秒数が通常より多いことを閏(うるう)と言い、

閏月・閏日・閏秒と呼ぶ。

(なるほど~)

 

②正確に言うと、地球が1年間で365日かけて太陽の周りを回っている(公転)のではないそうで。

実際には1年間に365.2422日かけて回っているので、この、0.2422日のずれが4年で1日のずれになるので

うるう年で調整している。(0.2422日≒5時間50分)

(昔に習ったことがあるような・・・)

 

③なぜ2月に+1日にするのか?年末や3月でもいいじゃないかと思っていたら、

現在使われている暦が、ローマ時代のグレゴリオ暦が使われており、ローマ時代は2月が年末だったため、

2月で調整がされているわけです。

(やっぱり!年末で調整されていたわけですね・・・。)

 

【豆知識】

・うるう年の計算

4で割り切れる年はうるう年。

だが!!調整しても、少しのずれは生じるので、うるう年がない年もある。

4で割り切れても、100で割り切れれば平年。ただし400で割り切れる場合はうるう年である。

ex)1900年・2100年・2200年・2300年はうるう年の年だが平年と同じ暦になる。

 

こんなけ調整しても、

3300年に一度1日のずれが生じるというショックな現実が・・・!!!

ただ、うるう年が施工されてのが1582年。次の3300年後が4882年。

施工時にうるう年を唱えた本の中に

「この3300年に1日の誤差については現在の人たちには無関係である」と記述されているそうです。

 

現在の人には確かに無関係やけど(笑)

ここまで調整するならして欲しかったな~!

 

 

 

 

シーサー!!

 

あけましておめでとうございます。

2016年突入です。本年もよろしくお願いします。

 

 

私の家の玄関の前に、沖縄のお土産にもらったシーサーを置いています。

シーサーは、ご存知の通りいつもは同じ方向を向いています。

↓こんな感じ

IMG_20160114_132921

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ある日、仕事から帰ってくるとシーサーが向き合っている!!

IMG_20160114_132945

 

 

 

 

 

 

 

 

マンションの廊下においているので、誰かのイタズラだろうけど。

こんな近くで向き合っているシーサーは新鮮でした。

 

 

これを見たとき、

ふと、こんな言葉を思い出しました。。。

 

私の好きな星の王子様の作家、サン・テグジュペリの名言

「愛とは、

お互いを見つめ合うことではなく、

ともに同じ方向を見つめること。」

 

 

シーサー関係ないな・・・・・